開閉テント:ワイヤー吊下げタイプ編

一番オーソドックスな ワイヤー吊り下げタイプ この方式のメリット:  一般的な手法のため 比較的経済性があります。 この方式のデメリット:  レールの代わりにワイヤーの張力に頼る構造なので開閉方向のスパンが5~7mでないとワイヤーが垂れるため それ以上はキャンバスを分割して継ぎ目部に陣笠状のカバーが必要に…
コメント:0

続きを読むread more

開閉テント:レールタイプ開閉テント

レールタイプのメリット:    開けた時に、80㎝毎に張られた吊り下げ用ワイヤーが無いため 天井面に圧迫感がありません。  ワイヤーに比べて抵抗が少ないので 操作が軽く走行がスムーズです。また、小さい間口の物は、天窓カーテンの様に操作棒で簡単に開閉出来ます。  カーテン用レールが比較的洗練されたデザインの物が多いので…
コメント:0

続きを読むread more